DTM初心者にオススメ!「作曲少女」

DTM初心者にオススメ!「作曲少女」

はじめに

こんにちは、かーちゃんです。

 

今回読んだ本は「作曲少女 平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話」です。

これからDTM始めたい!という方にオススメです。

>作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~ [ 仰木 日向 ]

価格:1,728円
(2017/3/11 15:10時点)
感想(2件)

この本は普通の女子高生の山波いろはが、同級生の天才作曲家珠ちゃんこと黒白珠美に作曲を教わりながら、DTMについて色々学んでいくお話です。

「音楽理論」

この本はまつだひかりさんが描かれているかわいいイラストが表紙でライトノベルちっくですが、あの「yamaha music media corporation」が出版しているとだけあって、きちんと作曲を学べる本になっています。

 

でも、初心者ではわからない難しい音楽用語とかはでてきません!

 

つまり、読んでいる私たちも初心者である主人公のいろはと同じ立場になって珠ちゃんに教えてもらうことができる。

そして、素人が最初につまづきがちな「音楽理論」についてもわかりやすく書かれています。

『ちょっと日常会話ができるようになる』→『ちゃんとした文法で喋れるようになる』→『おもしろいジョークで人を笑わせられるようになる』。

ちゃんとした理論書が必要になるのは、そのちゃんとした文法を身に付けるってタイミングなんだよ。

だから、まず1曲を仕上げるっていう日常会話の段階では、まだ必要ないんだ。

 

これにはいろはちゃんと同じく「な、なるほど!」といった感じでした。

「作曲について概要をつかめた」ときに音楽の理論書を読むことで、はっきりと知識が理解できるようになるんですね。

<スポンサーリンク> Advertisement

 

音楽は映画のようなもの

この本を読んで他にもへ~と思ったのが、

ひとつの曲を書くっていうのは、小さいサイズの映画をひとつ作るみたいな感じだと思えばいい

ていう珠ちゃんのセリフ。

ちなみに珠ちゃんいわく、音楽を映画のように振り分けると

・主人公(メロディ)

・セリフ(歌詞)

・敵役(ベース)

・脇役(ハーモニー)

・世界観(リズム)

になるそう。

こういう風に考えれば、作るときだけでなく普通に音楽聞くときにも違った楽しみができますね!

耳コピについて

この本のなかでも「絶対不可欠な音楽スキル」といわれている耳コピ。

そして、いろはが作曲をはじめるうえで「立ちはだかる壁」にもなりました。

私も今好きな曲の耳コピを進めている最中なのですが、メロディーは何とかコピーできても、ベース、ドラム、和音の聞き取りになるとなかなか難しい部分も出てきます。

でもまずは間違っててもいいから打ち込んでみる。

 

あとで見直しして直せばいいのだから、最初は勢いに乗ってこれかな?って感じた音を打ち込んでみればいいんですよね。

分からないところも飛ばして、わかるところからやる。

 

私は「これ?え?この音?」と同じところでつまづいて時間を食ってしまうタイプなので、肝に銘じようと思いました。

 

そして、

1、ヘッドホンで音を聞く(できたらモニター用)

2、再生速度を落とす

3、イコライザーで調整する

本にコツとして挙がっていたものです。

 

1はわたしはAKGの普通のヘッドホンを使っているのですが、

f:id:ziya-vogita:20170311161743j:plain

モニター用の方が音がフラットで聞き取りやすいと聞いてから、

DTM用にヘッドフォンを買おうかなと思っているところです。

一番有名どころだと、SONYのこれですね。

>【送料無料】SONY(ソニー) MDR-CD900ST プロ仕様のスタジオモニターヘッドホン(ヘッドフォン)

価格:16,800円
(2017/3/11 16:13時点)
感想(23件)

使い方によっては10年くらい使えるらしい。すごいですよね!

2と3は、DAW上でやってもいいのですが、私は聞々ハヤえもんを使っています。

forest.watch.impress.co.jp

再生速度を変えることもできるし「ベースの聞き取り」「ドラムの聞き取り」と、その音だけ抜き出してくれる機能もあるので初心者さんにはおすすめです!

そして、曲選びも大事ですよね。

本の中では耳をすませばの「カントリーロード」を耳コピしています。

こういったなるべく音数が少ないものの方がしやすいですね。

 

私は普段から好きでよく聞くロックを耳コピしようと思ったのですが、音数が多く、エレキギターのコピーにかなり苦戦してしまいました。

初めてするなら、穏やかな音数の少ない曲や、ゲームミュージックがおすすめです。

でも、コピーするために何回も繰り返し聞くことになるので好きな曲であることももちろん番大事だと思います。

おわりに

いろはちゃんにも珠ちゃんにも感情移入できるところがあって、

読んでて感動したり、元気になれる本でした。

ライトノベル形式なので、途中ハプニングがあったり

小説としても面白い読み物になっています。

ぜひ読んでみてほしいです~~!!!