Boox nova3 colorで目に優しく漫画を読む。

Boox nova3 colorで目に優しく漫画を読む。

こんにちは。かーちゃん(@ka_chan__)です。

またまたお久しぶりになってしまいました。

まだまだおうち時間全盛期の世の中で、さまざまなガジェットやコスメなどを買ってしまったおかげか、交際費や旅行代は減ったのにもかかわらずどんどん支出は減っていってます、、、

と、言うことで今回も前回の記事に引き続き、ニッチなガジェットを購入したのでご紹介したい。(Oculus Quest2の別記事も書きたい、、、)

 

Boox nova3 color

 

 

すごく簡単に言うと、(ほぼ全ての)書籍アプリの本を電子ペーパーで読める電子書籍リーダー!!です。

もともとこういった電子書籍リーダーは「Kindle Paperwhite」を使っていたのですが、4年前くらいに買った端末ということもありそろそろ動作がもっさりしてきたな、、、と感じていました。

そこで最初は「Kindle Oasis」というKindleの最上位モデルへの買い替えを検討していたのですが、あるyoutuberさんの動画をみて「これが探し求めてたやつや、、、」と思って一日悩んだ末買いました。

端末の特徴

この端末は先ほども書いた通り(ほぼ全ての)書籍アプリの本を電子ペーパーで読めます。

例えば上記のKindleだとKindleストアの本、他にも有名どころだと楽天koboも専用端末がありますが、こちらもkoboのストアにある本しか読めません。(PDFをインストールして読むことはできます。)

ただ、こちらのリーダーはAndroidを搭載しているので、この2ストアのほか「少年ジャンプ+」や「サンデーうぇぶり」などの週刊漫画雑誌系アプリ、コミックシーモアやLINE漫画など、中には一部互換性がなく読めないアプリもあるのですが、有名どころの書籍アプリはほとんどダウンロードして使うことができます。

小説やビジネス本などの書籍はkindleストアで買って読むことがほとんどなのですが、漫画っていろんな書籍アプリでクーポンが定期的に配信されていたり、LINE漫画などの時間が経てば無料で漫画を読み進められるアプリもあっていろんなサイトやアプリで読みがちなので、いろんな書籍アプリが使えるのはありがたい!

電子ペーパーについて

「でも、いろんなアプリで読みたいだけならiPhoneやタブレットでよくない?」と思うのですが、ここでこの端末が強いのは「電子ペーパーである」ということ。

電子ペーパーのメリットを挙げると、、、

  • 液晶端末より目が疲れにくい
  • ブルーライトが発生しない
  • 明るい屋外などでも見やすい
  • 電池持ちがいい

逆にデメリットとしては

  • 普通のタブレットよりはネットの表示が遅くなりがち
  • 動画などの動きのある表示は苦手
  • はっきりとした発色は苦手
  • 漫画などを読んだ際、うっすらと残像が残る

もしまだ電子ペーパー端末を使ったことがない、という人は家電量販店などで売っている端末で確かめたり、
ガジェットなどを一定期間レンタルできるサービスなどで試してから購入することをお勧めします・・・!

ちなみに今回購入したのは「Boox nova3 Color」というモデルで、現状ほぼ唯一の「カラー表示できる電子書籍リーダー」なのですが、それでもやはりスマホやタブレットに比べると淡い発色で、カラーを楽しむというよりは色分けが確認できる程度といった感じです。

主な使い方

上記のメリット・デメリットを考慮して、私のこの端末の使い方は主に二つ。

①外出時に漫画や電子書籍を読んだり、メモしたりするのに使う

②寝る前に電子書籍やPixiv、インターネットを読む

①に関しては、今まで外で本を読んだりするときはスマホで読んでいたのですが、バックライトをかなり明るくしないと読みにくいためちょっと不便に思っていました。

ただ電子書籍リーダーなら、普通の紙の本と同じく明るいところでも普通に本を読むことができます。

また何気に嬉しいのは、このリーダーはデフォルトでノートアプリが入っており、しかもレイヤーなどが使えるくらいの本格派なので、普通にノートがわりに使用することが可能という点!

重さとしては純正カバーと合わせると300gくらいはあるため決して軽くはないのですが、本+ノートと考えたらまぁ妥当かなと思います。

②に関しては私がこの端末を買った最大の理由でして。

私はほぼ毎晩スマホでpixivで漫画や小説を読みながら寝落ちという心にはいいが体には悪いことをしておりまして、この寝方をした次の日はほぼ寝起きがよくないんですよね。

よく「快眠のコツ」みたいな雑誌の特集でも「寝る1時間前からスマホは控えること」って書いてあることが多いのですが、このルーティンが体にインプットされてしまっているため、ずっと「せめてブルーライトの出ないkindleでpixivが読めたら、、」と思っていました。

なのでこの端末を見つけた時はめちゃくちゃ嬉しかったです!

実はAndroidのpixivアプリは互換性がないのか、ログインができないようになっていて使えないのですが、「Opera」という普通のブラウザアプリをダウンロードしてそこからブラウザ版で読んでます。

アプリで読むより使用感はおちますが、長年の野望を叶えられたので満足です。

他にも、寝る前にふと気になったけどスマホだと目が冴えちゃうしな、、、と思って調べられなかったこととかを調べるのに使ってます。

普段から仕事やプライベートでパソコンを使い、家ではゲームをし、と目に優しくない生活を送っているので、寝る前だけでも目に優しくできるようになってよかったです。

終わりに

私的にはかなりの「買ってよかった!」アイテムなのですが、ネックとしては値段が高い(¥51,800)こと。
Kindleの最上位クラスが4万円弱、koboの最上位も5万円はしないため、電子書籍リーダーとしてはかなり高い部類に入ると思います。

そのため、買うとしたら私のように「こういうふうに使いたい!」と明確に使用用途が決まっている方におすすめです。

ちなみにAmazonや楽天、ビックカメラなどでも売っていますが、正規代理店の「SKTSHOP」さんというところで買うとお値段そのままで保護フィルムや公式のカバーなど(付属品は変わる恐れあり)がついてくるため、ここで買うのがおすすめです。


BOOX Nova3 Color,カラー電子ペーパー,7.8インチ,E Ink,Android10,電子書籍リーダー

ではまた!